植物について

草むしり

ポイント等について

植物と一言に言っても様々な種類が挙げられますが、中でも日本で古くから馴染みのある植物の一つにキクがあります。この植物は多くの花弁を持つ花を咲かせるのが特徴となっていて、色に関しても複数の種類が存在しています。花については小さな花を多く咲かせる種類もあれば、大輪に花を一輪だけ咲かせる種類のものもあります。数えきれないくらい多くの品種がある事でも有名で、実際に自分で複数の種類を育てているという人も珍しくないです。キクは愛情を注げば注ぐほど応えてくれる植物とされており、育てがいのある植物だとも言えます。しかし正しい育て方をしないと枯れてしまう事も少なくないので、事前に正しい育て方を知っておく事が基本となります。キクの正しい育て方のポイントはいくつかありますが、まずは充分に日光が当たる環境を用意する事が大切です。キクは日の光を好むという特徴を持っているため、1日9〜15時間程度日光が浴びられる環境が良いとされています。それ以外にもキクの育て方のポイントとしては、水のやり過ぎは避ける事が重要とされています。そのため土は水はけの良いものを選び、水やりに関しても土の表面が完全に乾いたのを確認してから行うようにします。また肥料をしっかり与える事も欠かせないポイントで、肥料が不足すると花の付きが悪くなるので注意が必要です。リン酸成分の多い肥料を選び2〜3週間に1回が基本で、9月頃からは花が咲く直前まで週1〜2回与えるようにするのが望ましいと言われています。